長生橋80周年記念事業・シンポジウム2

長生橋魅力・ステキ再発見シンポジウム②

Placeholder image

未来への橋渡し・長生橋のこれからを考えるシンポジウム

 ~建設から80年が経過し、高齢化が進む長生橋の今後のあり方を専門家、県民、管理者で考える。~

「長生橋のこれからを考えるシンポジウム」の実施報告

■開催日時:10月14日(土) 午後1時30分から4時30分まで

■場所:アオーレ長岡 市民交流ホールB・C

■参加者:約200名

■次 第

1  13:30      開 会

2  13:30~13:35 挨 拶 (長生橋80周年事業実行委員長 丸山 智)

3  13:35~14:25 基調講演 「長生橋の現状、課題、長寿命化に向けて」

          (国立大学法人長岡技術科学大学大学院 准教授 宮下 剛)

4  14:30~14:45 長生橋の魅力(ステキ)再発見写真コンテスト表彰式

   14:45~14:55 休  憩    

5  14:55~16:20 パネルディスカッション「長生橋のこれから~未来への橋渡し~」

     コーディネーター 松本 和明(長岡大学 教授)

     パネリスト 宮下 剛(長岡技術科学大学大学院准教授)

            星 貴 (株式会社 大坂屋書店/ユウセイプランニング代表取締役)

            恩田真弓(長岡タクシー株式会社代表取締役社長)

            大野 昇(新潟県長岡地域振興局地域整備部長)

■シンポジウム出演者の経歴等はこちらから(別添 添付ファイル

■開催状況:

7月から実施してきた長生橋80周年事業の総仕上げとして開催された本シンポジウムには、多数の方々から参加いただきました。

長生橋に関する知識を深め、より一層、関心を高めていただくとともに、今後のあり方を考える機会となりました。

開会挨拶:

長生橋80周年事業実行委員長 丸山 智

開基調講演:

国立大学法人長岡技術科学大学大学院 准教授 宮下 剛

会場の様子:

長生橋の魅力(ステキ)再発見写真コンテスト表彰式:

一般部門5名、小中学校部門5名の計10名の方々が表彰されました。(表彰式の様子)

松本審査員長からの講評

パネルディスカッション(「長生橋のこれからを考える ~未来への橋渡し~」):

コーディネーター 長岡大学 教授 松本 和明(左側) 
パネリスト 長岡タクシー(株)代表取締役社長  恩田 真弓(右側)

パネリスト (株)大坂屋書店/ユウセイプランニング代表取締役 星 貴(右側) 
パネリスト 長岡技術科学大学大学院 准教授 宮下 剛(中央)
パネリスト 新潟県長岡地域振興局地域整備部長 大野 昇(右側)

 

会場内パネル等の展示 :

「長生橋学習会」を行った大島小学校や下川西小学校からのお礼パネル等の展示

「長生橋学習会」を行った大島小学校からのお礼のパネル

大島小学校から頂いた「おどろきがいっぱいの長生橋学習」と題したパネル

■お問い合せ

新潟県 長岡地域振興局 地域整備部 計画調整課
TEL:0258-38-2614 FAX:0258-38-2676