長生橋80周年記念事業について

長生橋80周年事業について

Placeholder image

プロジェクトの目的

今年で、完成(昭和12年)から80年(傘寿)という節目の年を迎える長生 橋について、これまでに果たしてきた役割、魅力等を再認識するとともに、高齢化が進むこの橋の今後のあり方を、産官学・地域が一体となって考えます。

プロジェクトの視点

1 ありがとう長生橋

  長生橋の歴史、果たしてきた役割を振り返る。

2 長生橋の魅力(ステキ)再発見

  長岡のシンボルとなっている長生橋の魅力を、工学・景観等様々な見地から評価する。

3 これからの長生橋

  建設から80年が経過し、高齢化が進む長生橋の今後のあり方について考える。

長生橋80周年事業実行委員会

【実行委員会は、下記12の機関で組織】

・長岡商工会議所、新潟県長岡地域振興局、長岡市、国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所、信濃川河川事務所、(一社)長岡青年会議所、(一社)新潟県建設業協会長岡支部、 NPO法人にいがた地域創造センター、㈱新潟日報社、㈱長岡新聞社、長岡移動電話システム(株)(FMながおか)、㈱エヌ・シィ・ティ

・実行委員長:長岡商工会議所 丸山会頭

長生橋80周年事業の内容

1 ありがとう長生橋、長生橋の魅力(ステキ)再発見シンポジウム

  ・開催日: 7月9日(日)

  ・会場: トモシア多目的ホール(長岡市社会福祉センター トモシア)

  ・内容:

①長生橋の歴史に詳しい語り部による基調講演

②大島小学校児童による長生橋研究発表

③橋梁研究者や景観専門家、地元ファンなどから土木遺産としての価値、ランドマークとしての価値などを語ってもらうパネルディスカッション

2 長生橋の魅力(ステキ)再発見写真コンテスト

  ・募集期間: 7月1日(土)から9月4日(月)まで

  ・内容:

長生橋を被写体として「長生橋の◯◯がステキ」とのテーマでの写真を一般部門、小中学生部門に分けて募集し、優秀作品を表彰する。

3 長岡まつり等での長生橋イベント

(1)歴史パネル展

  ・展示期間:7月2 9 日(土)から8月7日(月)まで

  ・会場: フェニックス大手イーストスクエア

  ・内容:初代から現3代目までの歴史パネルなどを展示

(2)清掃・見学会

  ・開催時期: 8月19日(土)

  ・場所:長生橋

4 長生橋のこれからを考えるシンポジウム

  ・開催日: 10月14日(土)

  ・会場:アオーレ長岡

  ・内容:

①長生橋を工学的に研究している専門家による基調講演

②長生橋の魅力(ステキ)再発見写真コンテスト授賞式(受賞作品展も併せて開催)

③県(管理者)や専門家、「清掃・見学会」に参加して頂いた県民などから、長生橋の今後のあり方について語りあってもらうパネルディスカッション

5 長生橋80周年記念プレート設置

  ・内容:長生橋に、80歳となったことを記念するプレートを設置する。

長生橋ライトアッププロジェクト

  ・市民・事業者などからの募金・協賛金を募り、長生橋のライトアップ実現 を目指します。

【ライトアップ計画】

・長岡まつり大花火大会に合わせて、8月2日からライトアップを行い、以後、10月31日まで毎日点灯する。

【募金、協賛金】(募集期間は6月末まで)

・募金(個人) : 1,000円~

・募金(事業者) : 10,000円~

・協賛金: 10万円以上(7月中旬に発行するPRチラシに掲載)

【報道資料】長生橋80周年事業を実施します(PDF形式 258 キロバイト)

■PDFファイルをご覧になるにあたって:PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。PDFプラグインの画像

長生橋80周年記念ロゴが完成しました。